会社概要 お問合せ

こんな仕組みになっています

拡大画像をみる

寒くなったら ソーラー蓄熱暖房

暖房期に日差しがあるとき、屋根のコレクターで温まった不凍液は床下のパイプを循環します。

こうして、昼間の太陽を夜から明朝までの床暖房のために、蓄熱しておきます。

また屋根で温められた不凍液は、床を循環した後も残り熱を持っています。

この熱を持った不凍液は再び循環し、給湯にも利用されます。

このように、ほとんどの時期は、暖房をしながらお湯をつくる運転が行われます。


天気の悪い日が続いたら 補助暖房
日差しがないときは、補助ボイラーの助けをかりて床の蓄熱温度を確保します。

自動運転なので、操作はいりません。


暖かくなったら ソーラー給湯
暖房が要らない季節は、太陽熱でたっぷり370リットルのお湯をつくります。

春から秋まではお天気さえよければそのままお風呂に入れます。

冬でも、天気の良い日は、暖房運転しながら同時にお湯もわかします。


何が快適なのか!?

【 安心して暮らせる家 】


外出から戻っても、お風呂に入る前も、夜中に起きてトイレに行っても、いつでも寒さはなく、優しく守ってくれる家。
それがハイブリッドソーラーハウスの魅力です。
しかも、その暖かさは自然の恵み“太陽エネルギー”だから、全室24時間暖房という贅沢でも何の気兼ねも要りません。


【 ダニ、カビのない家 】

時間的、場所的温度差のひどい暖房が、住宅に余分な水分をもたらし、結露やダニ・カビの原因になってきました。
またこれらはぜんそくやアトピーを引き起こすと言われています。
ハイブリッドソーラーハウスは、24時間暖房によりいつでも適温適湿に保たれているので、結露やカビは発生しにくくなり、ダニは普通の家の百分の一にもなります。
安定した環境のもとでは家そのものも長持ちします。



【 開放感のある居間、家族が集まる空間に 】

ほとんどの吹き抜けは玄関に作られますが、それはせっかくの暖房が上に逃げて、下の居室が寒くなるのを恐れるから。
しかし、吹き抜けの本当の魅力は、下の居室の開放感をつくるとともに、2階と1階とが気持ちのつながった空間になることです。
ハイブリッドソーラーハウスなら足元〜天井までほとんど温度差がないので、今までとは一味ちがう広々リビングや大胆な間取りでも快適に過ごせます。
また、意外に大きな面積を閉める中廊下をやめて、階段を居室に置いてみましょう。広々とした家は決して広い家である必要はないのです。



【 鉢植えのジャングル 】

家の中の観葉植物の緑は眼を休ませ、心を和ませます。
ハイブリッドソーラーなら真冬や夜中も冷えないので、観葉植物がどんどん成長し、蔓を伸ばし、花を咲かせます。
たとえば「幸福の木」なども何年も生き、花を咲かせ、あるいは真冬に家の中でハイビスカスが咲きます。



【 高齢者にも優しい住まい 】
 
日本は欧米に比べ寝たきり老人が多いといわれています。
これは家の中の場所によって、あるいは、時間帯によって、極端に温度が違うのも大きな要因です。
ハイブリッドソーラーハウスは、昼夜を問わず自然の温もりをつくるので、リュウマチで起きられなかった方が、散歩が出来るようになった例もあります。
このように、弱者に優しい家は段を無くすだけではダメで、温湿度環境の改善(温度・湿度のバリアフリー)が欠かせないのです。



【 省エネルギー 】

主燃料は太陽熱。
大幅に化石エネルギーの消費を抑制します。
通常の設計では冬の総暖房エネルギーの2/3、年間給湯エネルギーの40%を太陽熱でまかなえます。
欧米の先進国に比べ劣悪といわれる日本の住宅暖房ですが、こうして、少ないエネルギー消費で快適な24時間暖房を楽しめます。


COPYRIGHT © 2012 YOKOMIZO KOUMUTEN Co.,Inc. ALL RIGHTS RESERVED